シリコンバレーパワー??

最近なんだかIT系に縁があります。

本日は知人を通じて、Googleの六本木オフィスでランチしてきました。すごかったー。しかももちろん全部TADA!ゲストだってT・A・D・A!!!
ホテルのビュッフェ並みの品揃えでした。
しかもオフィスがやっぱりカラフル。明るい雰囲気で従業員もとてもリラックスしていました。今日はその後、進学の手続きの関係でどうしてもICUへ行かねばならずゆっくりできなかったのですが、また次回もう少し時間がある時にリベンジします。(仕事は有給をとりました)

あとは、UCSD時代のルーミーが現在Yelpに勤務しているので、Admit Dayのための訪米時に、実はサンフランシスコのオフィスにお邪魔させてもらいました。その時はYelpが日本上陸前で、良く知らずに遊びに行ったのですが、エネルギッシュさはビシバシ感じました。映画に出てきそうな歴史あるとても素敵なビルにオフィスが入っていました。これもかっこよかった!YelpのカフェテリアでTADA朝食を食べました。

さらにさらに、Admit Dayへ向かう行きの飛行機の隣が、スタンフォードのエンジニアリングMA卒業生で、現在Apple本社で働いている方でした。友達になりました(笑)9月に渡米した際はAppleのカフェテリアで、あのスティーブ・ジョブズが愛したお寿司ランチを食させてもらう予定です。(でもどうやらTADAではない(笑))

・・・なんか、不思議な感じ。

確かに、私は自称「メカ女」で、けっこう機械ものが好きで、PC操作等が得意な面はありますが、それにしても、ねぇ。こうも立て続けに続くと不思議な感じです。

 

ちなみに、スタンフォードもほぼシリコンバレーに位置している関係か、ITの発達がすごいです。合格後のオンラインサイトの登録方法やログイン方法、使用しているメールソフト、学生ひとりひとりに与えられるcloud、学生向けスマホアプリ等々、既に新しい世界が繰り広げられています。うーん、勉強だけでなく、ITにも必死に食らいついていかないと、生き抜けないのですね・・・。メカ女で良かった。がんばりやす。

そして、これはスタンフォードに限らずですが、留学生用に国外からもインターネットさえあれば受験できる制度が、米国を筆頭に、ごくごく当たり前に出来上がっています。もちろん受験料等もクレジットカード決済。世界中から受験生を受け入れるプラットフォームが整っています。
それに比べ、日本はネット出願ってだけで大騒ぎ。しかもネット出願はまだまだ少数派です。受験料も銀行振込。この違いで「グローバル化!受け入れ留学生◯◯人計画!」と、騒いでいても違和感を感じてしまうのは、私だけでしょうか。ちゃんと受け入れる体制を整えてから集客して欲しいものです。
(日本の大学のグローバル化に関しては、言いたいことが山ほどあるのですが、切りがないので、今日はこれだけ^^;)

ちなみにUCSDへ7年前に行った時から米国大学での諸経費の支払いは、クレジットカード決済が当たり前でした。(さすがに寮費等の高額のものはクレジットではなく、チェック払いでしたが)日本は米国の7年前にも追いついていない気がしてしまうけど・・・。私がよく知らないだけかな。そうであって欲しい。

広告

4件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中