プログラム名の変更!

な、なんと、私の所属するプログラム名が9月より変更になります!!

前)International Educational Administration and Policy Analysis (IEAPA)

新)International Education Policy Analysis (IEPA)

どっかーん、って感じです(笑)

いや、でも中身は何も変わっていないので、騒ぐ必要もないのですが、受験とかはもちろん前者の名称を使用してエッセー等を熱く書いていたので、びっくり!

ただ、個人的には短い方が便利なので、気に入ってます(笑)

そしてどうやら、私たちの学年は、卒業時にどちらの名称を使用しても良いようで希望制のようです。履修等には何も影響でません。

ただただ、びっくりしたー。

さて、これまでも仕事と並行してちょこちょこ進学に向けて先生たちとのやりとりが始まっていました。一連の流れを簡単に振り返っておきます。

1.所属するプログラムの指導教官たちの最新の論文が送られてくる。
2.これまでの研究や統計の経験や、自身の研究テーマ、そして、希望する指導教官に対するアンケートを回答。
3.卒業後の進路について就職支援部からのアンケートに回答。
4.もうすぐ卒業する先輩方からのアドバイス集が送られてくる。

2については、けっこう時間かかりました。指導教官として希望している2名については、悩んでいます。人から情報を得たりもしていますが、私からしたらどちらに就いても権威あることなので、あまりこだわっていません(こういう受け身はダメかしら^^;)。両者とも私の研究テーマにある程度関わる研究分野なので。もちろん入学してから研究テーマを具体的に相談していく中で、決めていけられればと思います。実際に色々と話してみたいですし!というか、どちらになってももう一方とも相談して論文を作成していきたいと思っています。

そして、4については、相当ありがたかったです。進学前からできることをしとかないとー。ただ、どの先輩方も口を酸っぱくして”it’ll be your toughest year of your life, but it’s totally worth it”とのこと。うーん、こわい(笑)まぁ、気合で乗り越えてみせます。けっこう劣等生になるのも嫌いではないので(というかその覚悟もあるので)、しがみついていきたいと思います。

また、なんと4の合計20ページくらいのペーパーを読んでいたら、ひとり明らかに日本人らしき名前が!!しかもメールアドレスも記載されていたので、「日本人でしょうか。違ったら相当ごめんなさい」と、連絡してみました(笑)もちろん英語でですが。

そしたらすぐに返事がきましたー\(*^O^*)/

やはり、日本の方で、卒業後は世銀に勤務されるとのこと!すごーい。もう少し色々とこれから突っ込んで教えてもらいます。

また近々、最近の人脈についてを記載したいと思います。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中