小学校教員認定試験について。

2日連続アップです。昨日宣言したとおり、「小学校教員認定試験」と「ユニセフ国際協力講座」についてご紹介させてください。渡米前に受験/受講しといて良かったふたつです。長くなるので、別々の記事にします。

小学校教員認定試験 by 文部科学省

まず、実は私、小学校教諭二種免許状をもっています。大学卒業後に取得しました。ICUには小学校の教職課程はありません。中高の教職課程はあるのですが、私はとっていません。
では、どうしたかと言うと、たまたま友人から聞き知った文部科学省主催の「小学校教員認定試験」を受験しました。最近は通信教育も充実しているのですが、通信ですとどうしても1ヶ月間の教育実習が必須なのと、取得までに最低でも2年間かかります。私も小学校の教員資格をとろう!と思ってから、通信大学に入学し、しばらくは勉強していましたが、「小学校教員認定試験」に合格したので、そちらは退学しました。

まず試験は、1次から3次試験まであります。
1次は教職に関する試験(I)と(II)の2つの筆記試験。2次は、自らが選択するひと教科に関する論述の筆記試験と、音楽・体育・図工の中から2つの実技と、最後に面接の3つの試験。そして3次は、2日間にわたる小学校での授業観察や指導案作成等です。
3次はほぼ全員合格と聞いたことがあります。2次試験までが勝負です。

簡単に私が行った対策を述べます。
とにかく一番対策に時間がかかるのは、1次試験です。教職に関する試験(I)は教育原理、教育心理学、生徒指導等の教育にまつわる内容です。それに対して(II)は、小学校で教えられている9教科のうち6教科を選び、各教科の学習指導要領の内容の穴埋めです。どちらもマーク式ではありますが、やることがとにかく多い。

これは友人に聞いて、

を使い対策しました。同じ名前で問題集もあるのですが、『セサミノート』がおすすめです。これの『小学校全科』(↑)と『教職教養』(↓)を、ただただ暗記していきました。

2次試験の論述試験では、自分が受験する教科の実際の学習指導要領を購入して読み込んでおくと良いと思います。ちなみに私は国語を選択しました。その後の実技では音楽と体育を選択。私は図工が全く自信ないため、迷うことなく音楽と体育になりました。音楽は事前に伝えられた曲をピアノで伴奏を弾きながら歌い、体育ではマット運動、ドリブル、シュート等をします。最後は、面接です。あまり覚えていませんが、難しいことは聞かれず、なんで小学校の先生になりたいか等だったかと思います。

最後は3次試験。これは当日を楽しむつもりで挑んでください。試験のようにひとりひとり問われることはありません。他の受験者とも交流でき、充実した2日間でした。

ちなみに中高の教員免許を持っている方は、試験も色々と免除されるので、もう少し気軽に取得できるそうです!

さて、私がなぜ小学校の教員免許を取得したかと言うと、教育分野にいるのなら自身が教員の資格を持っていたいという思いからです。あと、新卒で入社した会社で上司からのパワハラ・セクハラに心身ともにこわれてしまい(その頃はどう人に頼って良いのかもわかりませんでしたし、組織のことも全く信頼していませんでした)、数ヶ月で退職し、時間ができてしまい、焦りもあったというのも本音です。何か先につながることをしていないと、ただただ過ぎ行く時間が恐怖だった頃です。一応その頃は非常勤講師として某英会話学校で英会話講師をしていましたが、パートのような雇用形態で、週に数コマしか授業がありませんでした。それなので、勉強に専念できたのだとも思います。

あと、公益財団法人海外子女教育振興財団を通して、海外の日本人学校の教員になれることも知っていたので、頭の片隅にこの道も考えていました。説明会に行ったりもしてました。合格すると、2〜3年間海外の日本人学校で先生になれます。しかも指導経験がなくても免許されあれば応募できます。
ただ、どうしてもまだ自分自身が教わる側にいたかったので、ダメ元で前職の求人に履歴書を送り、今に至ります。

大学卒業してからの3年間は、本当に波瀾万丈でした。仕事もプライベートも何もかもがしんどく、辛かったです。ましてや近しい人の「死」とも向き合わなければなりませんでした。今でこそたくさんの方に支えてもらっていますが、当時は私自身も人に会いたくありませんでしたし、人もすーっと離れていきました。人間の恐さを学びました。それでも側にいてくれて私のことを信じてくれていた友人たちには、感謝しきれません。また、その3年間があったからこそ、今の自分があると前向きに思えるほどになりました。人生って不思議です。

いつものように長くなってしまいましたが、こういう人生観や私が見てきた世界をいつかは次世代に伝えたいと思っています。「免許は持っているだけでは意味がない」と言われたこともあるので、いつかはこの教員免許を活かせる日がくると良いなぁ・・・!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中