月別アーカイブ: 2014年10月

ぷ、ぷれぜん・・・

あっという間に第6週が終わりかけています。

前回投稿して1ヶ月くらい経っちゃいました。ものすごい勢いで時間が過ぎていきます。少しずつ秋めいてきました。

ちなみに、スタンフォードはクオーター制なので、1年間が4学期に分かれています。アメリカでの通常の4学期制は、夏休みにあたる夏学期も入れて4つに区切られているので、通常の学生は、秋・冬・春学期の3学期分が1年間になります。夏学期期間中は、通常の学生は夏休みです。夏学期は、外部向けの授業が開講されていたり、他学期ほどではありませんが、通常の学生向けの任意授業もあります。
なので、日本で一時期話題になった4学期制(前期・後期をそれぞれ2分して、4学期にする)とは少し違います。
(母校のICUは、アメリカ同様のクオーター制です。夏学期は夏休みで、通常の学生は3学期間履修します。日本ではICUだけなのかな?)

・・・それで何が言いたいかと言うと、スタンフォードでの1学期間は10週間に相当します。

ということは、

・・・もう残り4週で私の第1学期が終了!

わぉー。

って感じですね。
よくここまで生き抜いたものだ・・・。なんとかなるものですね。

そして、何より!

本日、スタンフォードでの初プレゼンがありましたーーー( ̄□ ̄;)!!

シラバスで見てからずっと心に重くのしかかっていたこのプレゼン。

テーマ決めから何から、「ひーんT_T」状態でととりかかっていましたが、兎にも角にも終わりました・・・!

内容のレベルはさておき、前職でプレゼンについての講義を毎年聞いていたからか、リハを何度か行ったからか、パワーポイントを工夫してみたからか、思っていた以上にプレゼンは上手くいったのではないでしょうか。

しかーし、プレゼンだけでは終わりません。

授業がシンポジウム形式なので、ひとつのテーマに対して、4〜6人が発表し、その後は、ひたすら質疑応答です。(このクラスは全部で30名弱、ちなみに国際比較教育の授業です)

「あーもう早く時間が過ぎれ〜〜」と願いながら、先生からの厳しい質問には、適当にその場限りの自分の意見を述べて逃げ切ったり、答えられる質問が来た時には、やたら長く回答して、時間稼ぎしながら、「私答えています!」感を醸しだしてみたり(笑)

そして、終わりました!!

終了後にクラスメートたちから思っていた以上に褒められ、嬉しかったです。
この後、自身のプレゼンしたトピックについてペーパー提出ですが、しばらくは考えません(笑)とても嬉しいので、明日の宿題すら放置です。明日の朝、早く起きてやります(笑)

さーて、既に2度ほど行ったアメフトの試合の写真をアップします。

IMG_1036デイゲーム

IMG_0998 ナイトゲーム

IMG_1010

ナイトゲーム後の花火。豪華でした。

そして、もちろん学生はTADA!でチケット入手できます♪

あ、そうそうサンフランシスコ・ジャイアンツ、優勝しました!いぇーい。

明日はハロウィンパーティーがあちらこちらであります。変装はしませんが、楽しもうと思います。

ではー!

秋学期の授業等々について。

周りの人に支えられながらなんとか生き延びています。

勉強、難しいです。しんどいです。

それでも、なんとか生活のコツを少しずつ学んでいる気がします。

そして、まず、ご紹介を!
大学時代の友人Erikoの記事が、東南アジアを紹介するブログに掲載されましたー♪彼女がシンガポールの現地採用として働くようになった経緯が記録されています。これからも定期的に更新されるようです。ぜひご覧あれ。
http://www.abroaders.jp/weekly/real/eriko-1/

 

それでは本題の、今学期の授業について。
今学期は、教育経済学(5)、教育経済学復習クラス(1)、データ分析・解析(4)、国際比較教育学入門(5)、STATA(統計ソフト)ワークショップ(1)、ゼミ(自身の研究)(1)+ヨガ(1)の18単位履修しています。()内が単位数。単位数分が授業時間数とだいたい比例します。ゼミだけ1単位のわりに、週3時間分クラスがあります。
通常の大学院生は10単位程度なので、本当に大変です。授業についていくのにいっぱいいっぱいで自身の研究のために割ける時間がほぼありません。これは同じプログラムのネイティブの学生たちも異口同音なので、よっぽど大変です。

1年間で修士がとれるプログラムということは、その分1年が濃いということ。

わかってはいたものの、毎日プレッシャーとの戦いです。

これから大学院進学を検討している方は、1年か2年か、それぞれのメリット・デメリットをしっかり考えて選択した方が良いと思います。

 

私の場合は幸い、明るい友人たちに囲まれているため、皆のポジティブさに救われています。週末もせめて美味しいものを食べようと街へ繰り出し、素敵なレストランで束の間の現実逃避をしています。

 

明日からまた一週間始まると思うとゾッとします。

 

渡米前に、とある方に言われた「きっと大変だろうけど、そうはいっても1年後には終わっているんだから!」という言葉をよく思い出します。1年後にはスタンフォード卒業生として世に羽ばたいているはず・・・

それだけを信じて、突き進むしかありません(T_T)

ちなみに、スタンフォードは研究重視なので、統計や統計ソフトの使い方も学んでいます。これで立派な修士論文が書けるようになる・・・はず。

さーて、そうは言いつつ、学内の美術館(!)でパーティーがあり、参加してきちゃいました!

IMG_0959 IMG_0964 IMG_0965
初めて美術館に足を踏み入れましたが、とても立派でした!!しかも、な、なんと、ロダンの「考える人」が!! わぉー。
どうやらロダンはいくつか「考える人」を創作し、そのうちのひとつがスタンフォードにあるとのこと。一応、本物のようです!また、けっこう良いスナックが(有名なサンドイッチやデザートなど)TADA!でした。いぇー。

IMG_0970 IMG_0972
リスと芝生。これはキャンパスの端っこの方です。

IMG_0976IMG_0983
学内にゴルフ場だってあります。学生は格安でプレイできます。

IMG_0975
毎週日曜にキャンパスから少し離れたところで開催されるfarmer’s marketへ!新鮮な野菜がたーくさんあり、しかも安い!嬉しくていっぱいフルーツや野菜を購入しました。楽しかったー!

 

それにしても相変わらず暑いーーー。heat waveが先週末からきており、日中35℃くらいになっています。地球よー大丈夫かー

 

追伸:ずいぶん遅い報告ですが、なんと学内専用ケーブルチャンネルに日本チャンネルが入っていたので、こちらのテレビで「花子とアン」のラスト1週間が見られましたーー(T_T)最後が見れて嬉しかったです!(参照;『離れる準備と覚悟。』