Steve Jobs

ザ・シリコンバレー。

さぁて、いよいよスタンフォードでの生活も残り2週間を切りました。カウントダウン。今は、一日一日が輝いていて、でももう終わりかと思うと突然切なくなる、そんな日々を過ごしています。とにかく一瞬も無駄にしないよう、毎日大笑いしながら過ごしています。

ブログもスタンフォードを去ると同時に修了したいと思っているのですが、あと4つくらい書きたい記事を構想しているので(書こうと思えばいくらでも書けるのですが)、残り2週間でアップし終えようと思います。もうしばらくお付き合いください。


さてさて、以前ちょこっと宣言していたシリコンバレーツアー

ちゃんと行ってきました。スタンフォードから車で20~30分程度のところにここぞというばかりにテクノロジー関連の名だたる大企業が密集しています。これが、世に言うシリコンバレーです。

ということで、個人的なツテを使って遊びに行った、アップル、グーグル、フェイスブックオフィスをご紹介します!

(さらに…)

Commencement.

すっかり遅くなりました!が、いよいよスタンフォードの卒業式について、投稿します。

どーん。

IMG_2598この達磨は、渡米時に中学時代の親友たちがお祝いにくれたプレゼントです。
大事なものなので、しっかり一緒に渡米しました(もちろんかさばりました)。
もう片方の目は、私の大きな目標が達成した時に、その親友たちの前で塗りたいと思います。

ちなみに、題名のCommencementは、graduationとともに「卒業式」に使われる単語です。Graduationが直訳なのに対して、commencementはnew beginningという意味になります。素敵ですよね。私は卒業式としか知らず、new beginningという意味は知りませんでした。私が前職を退職する際に、代表の方からそっと教えていただきました。思い出深いエピソードです。

 

さて、少し前になりますが、去る2015年6月14日、日曜日、スタンフォードの卒業セレモニーに参列してきました(こちらでは、卒業式に出席することをwalk in the ceremonyと表現します)。

もちろん、黒いガウンと帽子を装備します。学士、修士、博士、それぞれガウンの形が違います。博士は帽子すらも違い、もう少しゴージャスです。修士と博士は、ガウン以外にもフードをつけます。これらは事前レンタルになります。(そして帽子以外は、終了後、返却。)

11401158_10153438873347059_5238846362654290160_n

水色と赤いラインが入った首掛けが「フード」になります。赤はスタンフォードの赤。水色は教育大学院限定の色になります。他の大学院卒業生は、水色の箇所が違う色のフードになります。

ドレスの上にこれらを身につけて、当日は8:45にアメリカンフットボールスタジアム脇の修士卒業生待機場所へ集合。まず最初はスタンフォード全体のセレモニーです。
私のプログラムの皆は、その前に近くのピクニックエリアに自主的に集まりミモサ(スパークリングワインとオレンジジュースのカクテル)で乾杯してからスタジアムへ向かいました。洒落たメンツです。

集合時間と場所以外は何も事務連絡もなく、ただひたすらに待ち(その間は嵐のような写真撮影)、10時少し前くらいでしょうか、突然、御一行が動き出します。途中で念のためスタンフォードIDをひとりひとり提示させられたりしながら、どこに向かっているのか全くわからず、ただひたすらに前の人の背中を追って歩いていると、突如トンネルになり、トンネルを抜けると、そこは雪国ならぬ、こんな光景が目の前に広がりました。

IMG_2501

スタジアムの観客席には保護者や関係者で埋め尽くされ、優美な音楽とともに私たちは卒業生の席へ着席します。

スタジアム内に入った途端は、圧巻でした。あの時の興奮は一生忘れることはないでしょう。日本から駆けつけた私の家族もここのどこかにいたのでしょう。

当日の式全体のビデオが下記リンクにあります。興味ある方はぜひ。ちなみになんとグラサンかけた私がビデオの32分ちょうどに手を振りながら登場します(笑)※学部生はこのセレモニーに仮装して参列するのが恒例のようです。最初は学部生の入場なので、驚かないように。31分15秒から大学院生の入場になり、テロップも入ります。
https://commencement.stanford.edu/ceremony-video

今年の卒業式についての数値をご紹介。(大学関係者は関心あるはず)

<第124回卒業式>
学部卒業生  1,704名 うち留学生117名/40カ国
大学院卒業生 修士2,338名, 博士984名 うち留学生1,044名/ 82カ国

※これも上記ビデオ57分40秒からの学長スピーチの冒頭で告げられる数値です。

上記ビデオに当日の特別ゲストのスピーチもあります(そうです、Steve Jobsが2005年に講演した、かの有名なスピーチは、ここスタンフォードの卒業式で行われました。参照:『改めて自己紹介。』)。ゲストは、スタンフォード学部卒業生のジャーナリストの方で主に中近東のニュースで活躍されています。プレゼンは上手でしたが、内容としては、個人的には前日に行われたBaccalaureateというこれまた卒業祝賀会でのゲストのスピーチの方が好きでした。ちなみに前日のイベントでは、スタンフォード和太鼓クラブが演奏していました。上手だった!思わず日本の文化に触れられて、じーんとしました。

何はともあれ、11:30頃に大学全体のセレモニーは終了。その後は、各学部/研究科ごとの授与式です!!!


私はもちろん教育大学院の授与式に参列します。
こちらは教育大学院だけなので、もっとこじんまりとします。会場は野外!前日の下見の時の写真です。

IMG_2391

この日は、このような特設ステージがキャンパスのあちらこちら(なるべく木陰)に、設置されます。

上述した大学全体のセレモニーでは、学部/研究科ごとに着席する範囲が決まっているだけで、個人ごとには指定されていませんが、もちろんこの教育大学院の式では、ひとりひとり席が指定されています。

ばばん。IMG_0037授与式開始前。

この授与式では、所属に特化した専門にちなんだ講演があり、そして最も印象深いのが、卒業証書授与式です。大学院生は、冒頭に説明した「フード」を、ガウンの上にかけてもらう、「フーディング」という恒例があります。全ての大学院では行わないようですが、教育大学院はさほど大きくないので、卒業生全員に行います。

今度は、フードを外した状態で待機し、名前が呼ばれたら、ひとりずつお世話になった教官にフードを手渡し、帽子の上から首へかけてもらいます。

私もお世話になった担当教官にかけていただきました。

言葉には表せられない感情でした。達成感というか、感動というか、感謝というか。

実は、この授与式へ入場するための行進中に一番感極まってしまいました。

 

いっときは本当にどうなるかと思った大学院留学。

こうして、卒業式に出席ができ、優秀な仲間たちと肩を並べて、大事な人たちに見守られての授与式。

この日を迎えられたことが、自分の中で大きな大きな自信になりました。
あぁ、「幸せ」とはこういう瞬間のことを指すのだろうと、しみじみするほど、本当に幸せでした。

きっと一生忘れることのない、特別な特別な1日になりました。

IMG_2589

ちなみに、夏学期(8月中旬)までスタンフォードでの勉強は続きます!

てっく(+高等教育)。

現在、ファイナル目前期で、ひたすら勉強勉強勉強の日々です(ブログは気分転換♪)。週末なんて関係なし!むしろ授業がない分、ひたすら勉強に集中できるので、平日以上に勉強しています。あと1週間を乗り越えたら、今学期が終わり、卒業式!私は卒業式後も8月までは授業を履修しますが、年に一度の卒業式には卒業見込み状態で参加することになっています。スタンフォードの卒業式ドキドキ。もちろんたくさん写真を撮ってアップします!

さて、本題の前に最近のプレゼンについて。

ここ2週間で4つのプレゼンをしました(ひー)。そのうちのひとつが日本の高等教育についてでした。
というのも、『Higher Education and Society/高等教育と社会』という授業を履修しており、主にアメリカの高等教育の歴史、ガバナンス、課題、そして未来について、6名のクラスメート+教授と毎週ひたすらディスカッションを繰り広げています。6名という少人数のクラスなので、授業ごとに生徒ひとりずつ高等教育に関する何かをプレゼンすることになっていて、私の番では、テーマは当然『日本の高等教育』でした。10分程度の気楽なプレゼンなので、深堀りはできませんでしたが、前職で得た知識や前職場のアニュアルレポートのデータを駆使して、現在日本の高等教育ではどのような課題があがっているのかを紹介してきました。

JHEopening

タイトルページ。
テンプレートは、憧れの方の真似です(≧∇≦)

JHEcontents

内容一覧。
矢印の意味が気になる大学教員/職員の方は、ぜひ日本私立大学連盟の『マネジメントサイクル(PDCA)修得研修』へのご応募を(≧∇≦)

JHEending

エンディング。
お辞儀顔文字、ウケます。
他のプレゼンの終わりにも入れていましたが、どの授業でも毎回ウケます。
どさくさに紛れて日本文化紹介ということで(笑)

想像以上の先生&クラスメートたちの食付きに、延長の延長の末、質問の対応等も含めると30分以上プレゼンしていました。

いやぁ、やはり自分が詳しい内容をプレゼンするのは爽快ですね!他のクラスでのプレゼンでは、アフガニスタンの平和構築についてだったのですが、明らかに先生の方が詳しいので、タジタジするし、質問も恐怖でしかありませんが、日本の高等教育についてなら、スタンフォードいち詳しい自信があるので(笑)、なんでもこーい!って感じでした。どーん。
あー楽しかった。

ちなみに、この授業、先生が毎回なんと夕食を買ってきて皆で食べながらの授業という(≧∇≦)といっても、午後5〜8時までと3時間(週一回)なので、終わる頃には毎回ヘトヘトです。宿題も半端ではありません。この授業のおかげでリーディングとライティングがものすごく効率よくスピーディになりました。とても楽しい授業でした(労力のわりに3単位しかもらえませんが)。あと1回で終わってしまうのが、本当に悲しい(TOT) そして、私やはり高等教育好きだなぁと実感。

ところで、スタンフォードの高等教育がどうなっているかが気になる方は、私の素敵な先輩のご著書をぜひ!
スタンフォードの学長インタビューから始まり、スタンフォードの歴史、ガバナンス、各デパートメント、日本人学生インタビュー等々、必見の情報が満載です!日本の高等教育関係者の方は必読です。

スタンフォード21世紀を創る大学 [ ヨウコ・ホーン・カワシマ ]

さて、いつものごとく脱線しましたが、前回の『いのべーしょん。』に引き続き、今回は『てっく』=テクノロジーについて!

スタンフォードだからか、シリコンバレー近辺だからか、アメリカの大学だからか、とにかく日々の生活にスマホを媒体にしたテクノロジーが必需品です!今回はそのご紹介^^

1)2-step authentication
大学の学生専用ページにログインする際は、IDと、なが〜いパスワードのみならず、スマホを利用して、2段階式認証システムが求められます。専用のアプリをダウンロードすると、1分毎に変わる6桁の数字が表示され、それを入力しないとログインできません。携帯を忘れると大変(*_*; ちなみに自分が普段使っているパソコンで、キャンパス内のスタンフォード関係者のみ利用できるWIFIを使っていると、2段式認証システムが何回か免れます。でも、しばらくするとまた求められるので、「きたっ!!」って感じで、皆携帯を取り出します。。。(学内には、ビジター用のWIFIもとんでいます)
もちろんスマホを持っていない人用に、毎回テキストメッセージで数字が送られてくる方法や、携帯がない人用の対応もありますが、私の周りは100%スマホなので、他の方法を使っている方は見たことがありません。

2)uber
ウーバー。最近ウェブサイトで日本語表示もされるようになったので、日本にもあるようですが、新しいタクシー形態です。スマホのGPS機能を利用して、自分がいる場所にタクシーが来てくれます。事前登録時にクレジット/デビットカードの情報を登録しているので、乗車時の支払なし、チップもなし、ということで、本当に便利です。値段も通常のタクシーと比べて格安!特に私は車がないので重宝しています。車がある人でも、今日は飲むぞ!という時は、uber使用。ここではuberは動詞です。”Should we uber?”なんて当たり前の会話です。他に競合他社でLyftがあるようですが、使ったことはありません。

3)postmates
ポストメイツ。事前登録型のデリバリー。ありとあらゆるレストラン/お店と提携していて、頼むと、デリバリーの方がピックアップして、これまたGPSの現在地まで届けてくれます。これもクレジット/デビットカード事前登録型なので、その場でのお金のやりとりは一切なし。合計額は、商品代+サービス料+チップ代になりますが、商品代以外の上乗せ分もそこまで高くないので、頻繁に利用しています。今日は徒歩圏内にはないベトナム料理が食べたい!とか、美味しいブランチしたいけど、外出する時間がない!という時など。グローサリーもOKです。私はグローサリーでは使ったことがありませんが、寮生はかなり使っています。本当に便利な時代ですね。アプリも本当に使いやすいです!!
他にも競合他社アプリがたくさん。私のルームメイトはgrabhub派です。もちろんグローサリはGoogle Expressもかなりの利用率です。良くGoogle Express専用車をキャンパス内で見かけます。

4)yelp
ヤェルプ(カタカナ表示わからない(笑))。これは以前オフィスに遊びにいったことを紹介しましたが(参照:『シリコンバレーパワー??』)、アメリカでは絶大の人気の口コミサイトです。レストランのみならず病院やら美容院/スパやら車の修理場やらとにかくなんでも検索できます。日本にも上陸して1年経ちますが、どれくらい普及しているのか気になります。こちらでは、キャンパス内の小さいカフェまで登録されていたりします。

5)spotify
スポティファイ。たぶんまだ日本には上陸していませんが、オンラインでありとあらゆる音楽が聞けます。アメリカ大陸とヨーロッパの国々はほぼ参加しています。アジアはフィリピン、台湾、香港は参加している様子。音楽がプレイリスト化されているので、勉強に集中したい時など、FOCUSというプレイリストを選択したり、歌詞のないジャズだったり、クラシックだったりその日の気分に合わせて高頻度で利用中です。もちろん最近のトップリストも聞けます。私はFacebook経由で登録しているので、その時友達たちがどんな音楽聞いているのかがわかったり面白いです(私は秘密主義(笑)なので、オープンにしない設定にしていますが)。

6)ハードウェアはマック(アップル)
私の周りでは85~90%は皆マックです。私はMacBook Airですが、Proも半々くらいでしょうか。ただ、これはあくまで文系で、エンジニアリング側のキャンパスへ行くとWindows/Linux率が上がります。皆、Windowsのみに対応しているアプリケーションでプログラミングをしなければならないからの模様。それでもなんとかハードはマックを使い、ソフトをWindowsと切り替えている学生もいます。

7)java
これは私についてになりますが、実は先学期スタンフォードで一番受講率の高いと言われるプログラミングの授業(CS106a)を履修しました。言語はjava。全くもって初めてでしたが、本当に面白かった。10週間後にはなんと簡易版Facebookを0から作ったりしていました。プログラミングとテクノロジーの可能性を痛感した10週間でした。
ちなみにこの授業、毎学期提供されていますが、毎学期700名くらい受講します(Computer Science分野の大学院レベルの初歩クラスとなっていますが、履修生は学部生がほとんどです)。私の学期では、全く同じ授業が午前/午後と、約300名/400名と分かれていました。ただ、この授業、CSということだけあって、もちろん全ての講義がネット配信されます。履修中の学生にしか見られませんが、教室に行かなくてOKです。教授に直接質問したい学生や、時間割通りに授業を受けたい学生は毎回教室に顔を出していたようですが、私もときどき以外は全てオンラインで講義を受けました。オンラインだと好きな時に、好きな速度で、何度でも見られるので、本当に役立ちました。特に特定の技術を教わる箇所は何度もリピート再生です。それ以外の説明箇所は1.6倍速とかにして聞いていました。スタンフォードの学生以外にはオープンではないので、今流行りのMOOCsとは違いますが、私にとって、次世代型の授業でした。ちなみにスタンフォード工学系ではかなりの授業数が履修生向けにオンライン化されている様です。(残念ながら文系授業では聞いたことがありません。たぶんディスカッションが授業のメインになるからオンライン化はできないのかも。)
ただ、その分、教授たちの教授方法も録画されていることを意識してかなり研究されていますし、講義も既にパフォーマンスの域でした。ちなみに私が履修したjavaの先生は、私よりも年下で、25才くらいなのですが、この授業をかなり改革して、スタンフォード内では有名な方の様です。いやぁ、ものすごい方でした。これ以上はプログラミングは深堀りしませんが、スタンフォードでのプログラミングの経験、一生ものになりそうです。

もちろん、授業以外にはTA(ティーチング・アシスタント)と学生10名程度の小さいセッションが毎週1時間あり、セッション以外でもTAとは毎週20分は1対1で会って、課題に対するフィードバックの時間は必須でした。大人数での講義授業だけで終わらないのが、アメリカの高等教育です。

※以前TVで拝聴したSteve Jobsのインタビューで、ジョブス氏が『これからの時代、全員、どこかのタイミングでプログラミングを学ぶべきだ』と主張していたのが履修するきっかけになりました。教育大学院、ビジネススクール、バイオ系の大学院生も多数履修しています。今は◯◯テック会社が流行っていますものね。教育で言えば、エドテック。シリコンバレーにも多いです。

以上、メカ女の私がずっと温めていた投稿でした〜!m(_ _)m

シリコンバレーパワー??

最近なんだかIT系に縁があります。

本日は知人を通じて、Googleの六本木オフィスでランチしてきました。すごかったー。しかももちろん全部TADA!ゲストだってT・A・D・A!!!
ホテルのビュッフェ並みの品揃えでした。
しかもオフィスがやっぱりカラフル。明るい雰囲気で従業員もとてもリラックスしていました。今日はその後、進学の手続きの関係でどうしてもICUへ行かねばならずゆっくりできなかったのですが、また次回もう少し時間がある時にリベンジします。(仕事は有給をとりました)

あとは、UCSD時代のルーミーが現在Yelpに勤務しているので、Admit Dayのための訪米時に、実はサンフランシスコのオフィスにお邪魔させてもらいました。その時はYelpが日本上陸前で、良く知らずに遊びに行ったのですが、エネルギッシュさはビシバシ感じました。映画に出てきそうな歴史あるとても素敵なビルにオフィスが入っていました。これもかっこよかった!YelpのカフェテリアでTADA朝食を食べました。

さらにさらに、Admit Dayへ向かう行きの飛行機の隣が、スタンフォードのエンジニアリングMA卒業生で、現在Apple本社で働いている方でした。友達になりました(笑)9月に渡米した際はAppleのカフェテリアで、あのスティーブ・ジョブズが愛したお寿司ランチを食させてもらう予定です。(でもどうやらTADAではない(笑))

・・・なんか、不思議な感じ。

確かに、私は自称「メカ女」で、けっこう機械ものが好きで、PC操作等が得意な面はありますが、それにしても、ねぇ。こうも立て続けに続くと不思議な感じです。

 

ちなみに、スタンフォードもほぼシリコンバレーに位置している関係か、ITの発達がすごいです。合格後のオンラインサイトの登録方法やログイン方法、使用しているメールソフト、学生ひとりひとりに与えられるcloud、学生向けスマホアプリ等々、既に新しい世界が繰り広げられています。うーん、勉強だけでなく、ITにも必死に食らいついていかないと、生き抜けないのですね・・・。メカ女で良かった。がんばりやす。

そして、これはスタンフォードに限らずですが、留学生用に国外からもインターネットさえあれば受験できる制度が、米国を筆頭に、ごくごく当たり前に出来上がっています。もちろん受験料等もクレジットカード決済。世界中から受験生を受け入れるプラットフォームが整っています。
それに比べ、日本はネット出願ってだけで大騒ぎ。しかもネット出願はまだまだ少数派です。受験料も銀行振込。この違いで「グローバル化!受け入れ留学生◯◯人計画!」と、騒いでいても違和感を感じてしまうのは、私だけでしょうか。ちゃんと受け入れる体制を整えてから集客して欲しいものです。
(日本の大学のグローバル化に関しては、言いたいことが山ほどあるのですが、切りがないので、今日はこれだけ^^;)

ちなみにUCSDへ7年前に行った時から米国大学での諸経費の支払いは、クレジットカード決済が当たり前でした。(さすがに寮費等の高額のものはクレジットではなく、チェック払いでしたが)日本は米国の7年前にも追いついていない気がしてしまうけど・・・。私がよく知らないだけかな。そうであって欲しい。

改めて自己紹介。

さて、スタンフォードの手続きだったり、色々具体的な話になる前に、自己紹介を。

私は、高2の17歳の時から国際機関の教育分野で働くことが「夢」でした。そこに至った経緯ももちろんありますが、今回は省略。気になる人はコメントください。
その後、猛勉強の後、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科へ進学。(※現在は学科は廃止され、メジャー制です)
大学3年の時に念願の交換留学生として、高校時代からバイトでひたすら貯めたお金とともに、1年間University of California San Diegoへ。

いつかアメリカの教育大学院へ進学したいなぁ・・・と、その頃(2007年:7年前!)から思っていました。ただ、留学中に、私は日本人であること、日本という豊かな文化で育ち、それが私の価値観の基盤であることを痛感しました。まして、それまで反発していた日本の教育に対しても、「けっこうこれはこれで良いのかも」と良い部分に気付くことができ、そんな私を育ててくれた日本へせっかくなら恩返ししたい、と日本での就職を誓い、帰国しました。

世はリーマン・ショックで、そこからが大変なのですが・・・

転職等々の紆余曲折も経て・・・

ついについに、手にしたスタンフォード教育大学院の合格です。

長かったなぁ・・・。
「夢」を描き始めた17から10年が経ち、私は27になりました。
しかも、これでやっと「夢」の「一歩手前」というところでしょうか。そして、何より現職がなければ決してスタンフォードに合格していなかったと思います。あぁ、今から退職時を考えると、胸が張り裂けそうです。
まっすぐ大学院へ行かず、就職して良かったです。本気で辛い時期もありましたが、それを乗り越えた今の自分は前より逞しくなりました。

大学卒業時に、まずは日本へ恩返しを、と思い日本での就職を選択しました。紆余曲折ありましたが、今は、少しばかしは恩返しできたかな、と自己満足しているので、今回は、大学院修了後も日本へ帰ってこないつもりで渡米する覚悟です。

最後に私の大好きな言葉を。

You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards.
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something: your gut, destiny, life, karma, whatever.

Because believing that the dots will connect down the road will give you the confidence to follow your heart, even when it leads you off the well worn path.

-Steve Jobs@Stanford, 2005